Invitation sims3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレイ日記。ネタVer.その⑤

Posted by hibiki on   0 comments   0 trackback


きながら、なんかコレいろいろ酷いわーとか思いました。
っと・・・、今回妄想捏造は入ってますが、大体願望に沿ったまんまの事実です。
いるいと、同じよーなSSがありますし
意書きとかいるかなーと思って。
味ないかもしれませんが、一応。

一行目を縦読みですよ!! ムリヤリすぎますね!! 
爬虫類とか両生類苦手な人って多いよね!



ne5-1.jpg「湊、お前に話がある」
「え? ・・・何?」

ne5-2.jpg「お前、前回撫子に陽光の呪いかけたらしいな!!」
「えー、アレ呪いじゃなくて祝福・・・」
「黙れ」

ne5-3.jpg「兄ちゃんは悲しいぞ。お前いつからそんな根性曲りになったんだ」
「えーと、具体的に言うとサンリットタイドに行ったあたり・・・」
「うるさい」

ne5-4.jpg「最近のお前はロクな事しやがらねぇなまったく! とりあえずもう魔法禁止だ」
「魔法使わない魔法使いとか存在理由が揺るがされるよね・・・。何なの、俺ゼニーバなの?」 @千と千尋
「口を挟むな」

ne5-6.jpg「杖はそこに置いておけ。勝手に持ってくんじゃねぇぞ!!」
「慶之さっきから全然俺の言い分とか聞いてないよね・・・」
「お前の言い分なんか聞くか! お前は錬金術でもやってろ!」


「・・・・・・ふーん、あぁそうなんだ・・・」




ne5-7.jpg「じゃー、お望み通りに錬金術でもやりますかねー・・・」

ne5-8.jpg「湊、大丈夫? 慶之ったらムカつくわね」
「え?そう? ・・・まぁあの人もカノジョ守るために必死なんでしょ。 ・・・俺、死なせたりしないのにね」
悪意はあっても殺意はない。 あんまり意味ない配慮です。

ne5-9.jpg「やっぱり湊は優しいのね、私が妖精魔法でちょっとだけ仕返ししちゃおっか?」
「リーラの俺を見る目も大概フィルターかかってるよねー・・・。 いいよそんな事しなくても」
「そう? 遠慮しなくていいのに」
「自分でするからいいやー。 ・・・材料足りないみたいだからちょっと出てくるね」
「早く帰ってきてね♥」
リーラさんの執着っぷりは、親愛じゃなくて盲信の域だと思います。


ne5-10.jpg「こないだレイちゃんにフェラーリ取られちゃったしコレでいっかー」
そのフェラーリも元はといえば慶之のだったんですけどねHAHAHA!(  ゚∀゚)


ne5-11.jpg「あと足りないのはー・・・、銀と、なんだっけ? 委託販売所にあるとめんどくさくなくていいなぁ」


ne5-12.jpg「一体いつになったらココの販売員は出勤してくるんだろうねモスチキン。 もうこの店燃やしちゃってもいいかな?いいよね?」
「(・・・後ろで犯行予告はやめて欲しいわ・・・)」
ウチの委託販売所のレジ係って高頻度で出勤してこないんですが、バグですかこれ。


帰宅&調合。
ne5-13.jpg「こんなもんかなー。 ・・・まぁ失敗してても別にいっか☆」


ダイニングにて。
ne5-14.jpg「慶之ー、話があるんだけど」
「(嫌な予感しかしねぇ・・・)」

「言われた通りに錬金術とかやってたよ。・・・で、コレ」
ne5-15.jpg「うぉっ、何だこれ!!」
「ただの調合薬だよ」

ne5-16.jpg「致死性の毒か何かか?」
「ただの調合薬って言ってるじゃん・・・。慶之、狼人間の呪いかかってたでしょ、ソレが解けるよ」

ne5-17.jpg「マジでか! お前ホントよく出来た弟だな!!」
「うん、だってまず人間に戻ってもらわないと呪いかからないからさぁ」

ne5-18.jpg「・・・・・・・・・・・・は?」
「本題はこっちなんだよねー」
「え? だってお前、杖・・・」

「杖なんか飾りです! 偉い人にはそれが分からんのです!」
「なんでガ●ダム!? っつーか、おかしいだろソレ!!」
ne5-19.jpg「ただひたすらシムの願望叶えるプレイしてるんだし、生涯の報酬ポイントなんて腐るほどあるよね」
「だからメタ発言すんなっつってんだろ!!」

訳:生涯の報酬で杖なくても魔法ぶっぱできるの取っちゃった☆


ne5-20.jpg「ちょ・・待っ・・・!! どうする気だテメェ!!」
「え?可愛くなるだけだよ??」


可愛くなりました。

ne5-21.jpg「撫子〜(TдT)」
「ちょっ・・・、近寄らないで!!

ne5-22.jpg「・・・あのエグいのはお前の仕業か」
「ええー? 可愛いじゃん」
「どこがだ。 撫子見ろ、ドン引きじゃねーか」
「レイちゃんも若干引いてるねー」
「お前にな!!」


近影。
ne5-23.jpg中途半端にデフォルメされてるのに、肌の質感が微妙にリアル。


ne5-24.jpg「ああスッキリしたー。やっぱり人の話はちゃんと聞くべきだよね、名古屋コーチン」
「クエッ」


その後、
ne5-25.jpg「ぅ熱っちぃぃい!! なんだこの既視感!!」
火弾まで撃ち込まれてた。
余談ですが、この兄弟、仲は悪くないです。 ・・・悪くないはずなんです・・・・。


ちょっと可哀相になってきたので、撫子さんに行ってもらいます。
ne5-26.jpg「さっきはゴメンね? 一緒に元に戻る方法考えよ?」
「撫子ちゃん・・・。゚(゚´Д`゚)゚。」

ne5-27.jpg「元に戻る方法ならキスしてくれたら・・・」
「それは嫌。」

「・・・そっか・・・、じゃあもう一生両生類として生きていくわ・・・」
ne5-28.jpg「ああ〜もう! しょうがないなぁ」

「流石に唇には嫌だから」
ne5-29.jpg「横向いてて! 動かないでよ!!」

・・・で。
ne5-30.jpg

ne5-31.jpg戻りました。

ne5-32.jpg「戻った・・・! 撫子、お前は俺の女神か何かか!!」
「感謝してよね?」
「してるしてる!! もー、愛してるぞ撫子!!」
「嫁にしてもいいのよ?」
「あ、それはいいです (lll´Д`)」


ある意味で今回の功労者。
ne5-33.jpg


・・・怒鳴られた後、速攻で『カエルの呪いをかける』願望を出した、魔法使い怖いです((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://volasmangxi029.blog.fc2.com/tb.php/96-12d49766
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。