Invitation sims3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUNLIT TIDES2

Posted by hibiki on   4 comments   0 trackback
『SUNLIT TIDES』で検索して飛んでこられる方が多いようですので風景などを追加で撮って参りましたよー。
どちらかと言えば、皆様、スーパーナチュラル待ちなんでしょうか・・・。
私めはスパナチュは様子見です。これ以上人外増えても・・・(;´∀`)
皆様方のスパナチュレビューを楽しみにさせていただきますねー(*^ヮ^*) 
それを拝見させて頂いて、購入如何を検討する予定です。


今回、風景撮るの重視だったんで、画質をウチのPCの限界まで上げてます。
ゲーム起動中、私のDynaBookさんがキュイキュイ鳴きっぱなしでしたが、なんとか撮り終えました。
・・・前回と代わり映えしねーなオイ(#´∀`)とか思っても、心の中に秘めておいて頂けると幸いでございますm(__)m

st2-1.jpg前回、植物まみれとか言ってたのはこんな感じだからです。木生えすぎ。

中央の岩山の山頂がサウナなんかがある区画となっております。
st2-2.jpgこの岩山、どう考えても向う見ずなロッククライマーの戦場だろ。一般人には無理です(-_-;)

右手に見えます岩窟は犯罪キャリアのアジトとなっております。
st2-3.jpg

島自体は、変形三日月型をしてますんで島の中程は海です。
st2-4.jpg橋をかけたらもっと効率的に移動できそうですが、自然台無しですかそうですか。

st2-5.jpg左奥にある土地部分は、現状行けないんですが、もしかしたらシーズンス後は泳いで行けるようになるのかもしれません。

飯処。
st2-6.jpg外では食べられますが、二階部分で食わせてくれたっていいと思います。・・・EA様のけち。

こちら、犯罪キャリアのアジト。
st2-7.jpgなんだろう・・・すごく・・・入りたいです・・・。

軍事施設です。
st2-8.jpgまさかの見張り台。文明どこいった。

本屋。
st2-9.jpg南国情緒たっぷりですな。



さて、淡々と説明していくのにも飽きたんで、この辺からシムが出張るよ!
サンリットタイズの風景が見てみたいだけなら、ここらで引き返して無問題でございます。



st2-10.jpg「こんな島まで来て何してんのレイちゃん・・・」
「この島キャンバスがそこらじゅうにある」
「近代的な娯楽がなーんにも置いてないからねー」
公園なんかキャンバス置かれまくってます。ある意味ニート様の楽園。


・・・うん、やっぱり来ちゃいますよねー。
st2-11.jpgリーラさんとダリアさんのこのブレのなさは何事ですか。
違う街に来たから、多少は行動パターンに変化があるかなーと期待したんですが無駄でした。

ちなみにココは公園です。
st2-12.jpg
遊具は少ないがオサレな感じ。


小劇場。ストーリー風?でやってみますよ!
・・・ストーリー風?とかなんとか言ってみましたが、基本的に出した願望に沿ってor自主行動に任せてます。
テキトーにアテレコしてるだけ。(;´∀`)エヘ

st2-13.jpg「・・・で?何でお前と膝付き合わせて飯食ってんの」
「ちょーっとだけ逃げてみようかと思って」
「一人でやれよ・・・」
「やだよ寂しいじゃん。リーラ怖いし」

この二人で行動してもらいました。実は親友同士なこの二人、お互いが友好度一位です。
湊にはなぜかニート様の『短気』が発動しないんですよねー・・・。相性かなんか??

st2-14.jpg「ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、捕まえてごらんなさーい」
「深夜に登山とか何考えてんだお前・・・あと割と本気で死にそう」

st2-15.jpgホントに微妙な顔してた。


山道中腹から下界を望んでみました。
st2-16.jpgここから、『あいきゃんふらーい』したら色々な事から解放されて楽になれそうですね。・・・あれ、何考えてんだプレイヤー。


st2-17.jpg「・・・今度は何?」
「蛍。とれないかなーと思って」
「瓶詰めはやめてやれよ・・・」
「・・・兄ちゃん、なんでホタルすぐ死んでしまうん?」
「トラウマスイッチやめろ」
火垂るの墓マジトラウマ。親戚の叔母さんの方が正しい事言ってるように見えたらアナタも大人になっちゃったって事ですよ・・・。


st2-18.jpg「気は済んだか?帰るぞ」
「いいえ帰りません。今夜は帰りたくない気分なのッ!!」
「すごく気持ち悪いです。・・・俺ら二人が稼がなかったらあの家どうなる?」
「1週間以内に破産ですね分かります」
収入ブッチギリ一位のニート様と、第二位の湊の稼ぎでウチの世帯は維持されてます。
この二人のどっちかがうっかり事故死でもしようもんなら請求書払えません・・・(つд;)


st2-19.jpg「せっかくこんな山の上まで来たのに、満喫しないで帰るとかありえないよねー」
風呂が気にいったのか、サウナが気にいったのか、アヒルが欲しいだけなのかは知りませんが、また来たがったので。
風呂は生命の洗濯ですたい。


実はサウナの真正面に。
ナゼかダブルベッドが置いてあります。プレイヤーが置いたんだろ!とかお思いの方、違います。EA様の心遣いなんですよコレ。
 (※但し、ここは屋外です)
これ見た時、『ああ・・EA開発さん、サウナの資料集める時に“ハッテンバ”とかのいらん情報まで仕入れちゃったんだね・・・』
と、プレイヤーの視線が生ぬるくなったとかなんとか。・・・それともフィンランドとかのサウナは寝台付きなんですかね?
st2-22.jpg「ベッドもあるし泊まれるねー。他に誰もいないからちょうど二人寝ら・・・」
「お前椅子で寝ろ」
「ヒドスww ちょっとは悩んでよww」


st2-23.jpg「結局ベッドは取られちゃいましたー・・っと。アレ本当に親友なの?親友という名の俺様なの??」
ただのニート様です。
ホントに何の断りもなく、とっとと一つしかないベッドを取っちゃうシムにはある種の潔さを感じます。


翌朝。
st2-24.jpg「(電話? やっぱりリーラの事が気になっ・・)」
「ええ、まぁ下山の時間考えたらどう考えても間に合わないんで休みますー。あ、オーベンには適当に上手く言っといてねー」
  (補足:オーベン…医者の、上司的な医者。要するに若い医師の怨敵 最近こんな言い方聞かんけど)

st2-25.jpg「・・・仕事サボってるだけかよ」
仕事サボってるだけですよ。だっていつも起きる時間に起きてこなかったんですもん。
遅刻して仕事のメーター下げるくらいなら先手を打って休んでしまえ。


st2-26.jpg「それにしてもいい眺めだよねぇ・・・」
「そんな事よりどうするんだお前。リーラ今頃半狂乱だぞ」
「リーラ?もう呼んだよ?泥風呂とかパックとか言ったら女性陣全員来るってさ。美容に対する執着心すごいよねー。
 レイ、風呂今のうちに入っといたほうがいいよー」
「・・・もういいのか?」
「んー・・・、また煮詰まったら、普段家でゴロゴロしてるだけの親友がきっとまた付き合ってくれるんじゃない?」
「心の底から面倒臭い」
「・・・やっぱお前ひどいよね」

サウナ内の浴槽は意外と吸引力強し。割と争奪戦です。


st2-20.jpgブルータスお前もか。なんなのこのアヒルの魔性の女っぷりは!
皆が皆、このアヒルと戯れる事ができる水治療ばっかりしやがります。アヒル命。


女性陣到着。
st2-27.jpg流石というか、なんというか・・・。
迷わずサウナ内に直行してくれました。この区画、プールもあるんですけどね。
しかし湯気で見えない。肝心なとこが見えないよEA様!湯気出しすぎや!!


st2-28.jpgどうせなら泥風呂&パックは女性シムにやってほしいよね!


ニート様寝ちゃいました。バスタオル一枚で。
いろいろ危険ですよねコレ。
st2-29.jpgそしてやっぱり通常営業なダリアさん。ガン見です。


st2-30.jpgはい、お粗末様でした。夕暮れ風景で〆。
いろいろ実験的にやってみてますが、ストーリー風のプレイ日記書いてる管理人様方ってすごいですね!!
文才無いなりに頑張ってみましたが、コレ結構辛いわー・・・。なかなかアテレコ思いつかんわー・・・(´;ω;`)
誰か私にセンスをインストールしてくださいm(__)m 金なら出す。










スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。