Invitation sims3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学その④

Posted by hibiki on   0 comments   0 trackback
内臓痛ぇ。内臓が痛いのでモツ煮が食いたい。(意味が分かりません)

いい加減、ボチボチ書き進めんと面倒くさくなってウッカリブログ閉鎖してしまいそうでござる。
モチベーションは元々大して高くありません。腹が痛いと尚更ですwww 
という訳で、自家発電を兼ねての大学街でのしょーもない日常小話、その4。


いろんな意味で残念な人が起床。
uc5-1.jpg
どうでもいいけど、彼のモチーフというかイメージというか、なんかそんなんはゴリラです。
ローランドゴリラの画像を横目でチラチラしつつ顔作ってました。あ、どうでもいいですかそうですか。

思案ヅラ。
uc5-2.jpg
「ここんとこ、なんか寝てる時ベッド狭ぇよーな気がすんだよなー・・・」
夜毎、コッソリ横に忍び込んで寝てる人がいます。 彼の起床前には起きてベッド整えて出ていくという周到ぶりで。

uc5-3.jpg
「魔女のねーさん、今日もダイナマイツなスタイルっすねww」
「そーかい」
「あんま、そんな無防備なカッコでうろうろすんなよ。ココ、若い男いるんだから危ねぇぞ?」
「・・・へぇ?」
「冗談で言ってるんじゃねぇって。オトコはみんなケダモノってな。 ・・・ホントに危ないからよー」

uc5-4.jpg
「“ケダモノ”ねぇ? アンタ、そういう割には・・・。
 こーんな“無防備”なカッコして、毎晩ベッドに潜り込んだって何にもしやしない『紳士』しかいないみたいだけどね?」
「へ?」
「それともこんなババァには興味ないってかい? 傷つくねぇ」

(ベッドが狭いという)ナゾはすべて解けた!
uc5-5.jpg
「・・・ちょっ・・・、おねーさま、なんで起こしてくんねーのよ・・・」
「なんでそこまで譲歩してやらなきゃなんないのさ。自分で起きな!」
「うあー・・・ヘコむわー・・・」
「ヘコんだのはこっちの方さね」

uc5-6.jpg
「ヴィヴィさん、えーと、アレだ。汚名挽回!挽回させてくれ!!」
「汚名を挽回してどうすんだい。 ・・・返上しなよ」
「さっそく今晩・・・いや、なんなら今からでも!!」
「・・・さてねぇ? どうしようかねぇ?」
「んな殺生な・・・」
「アタシ、今回の事でちょーっと傷ついたんだよねぇ。 オンナのプライド、ズタズタさね。
 それに、そんなムードもへったくれもない誘われ方じゃあねぇ・・・?」
女性はやたらめったらムードとかいうのにこだわるよ! めんどくさいね!

uc5-7.jpg
「ムード? よし、じゃ飯食いに行こう。んで、その後酒でも・・・」
「アタシはずっと魔法の研究ばっかりしてたから、若い子が行くような店に着ていく服なんざ持っちゃいないよ?」
「そんなモン、オレが買ったる買ったる!!」
「それじゃ貢がせてるみたいじゃないか」
「いいんだよ! 愛情ならなんぼでもぼったくってくれていーから!
 ・・・・・・だから、生命のボッタクリだけは勘弁な?」
最後の一文のあたりがおそらく本音。

uc5-8.jpg
「愛情、ねぇ? ・・・アンタはアタシのこと賞品扱いするんじゃなかったのかい?」
「きっかけなんざ何でもいいだろ。 
 ・・・そのうち、『ババァーッ!オレだーッ!結婚してくれーッ!』って叫んでやっからな」
「アンタ残りの人生をカエルとして生きたいのかい?」
シム女性は恋愛関係にハマった途端に、その相手に向ける顔が突然オンナの顔になるところが好きです(笑)
したたか可愛い。あざとい可愛い。


・・・んで。
uc5-9.jpg
チハさんどーすんのかな、っと追っかけてみると、ダイニングでなんか喚きだした。 生殺し発散?
体型に関して文句を言う?とかそんなの。 別に他人が痩せてよーと肥えてよーとどうでもよかろーに。

手前で食事中の人もいた。
uc5-10.jpg
「相変わらずちーちゃんはうっせー子だねー。 後、皿片してないの誰だチクショウ。腐臭がしてんじゃねーかよ」
すみません、ウチのニート野郎です。 ウチの世帯の♂シムはデフォで皿片さない。

uc5-11.jpg
「しかしアレだね、脳まで筋肉製のヴォケは他人様の体型にまで文句つけるんだ。何様だっつーの」
どうでもいい情報ですが、チハさんの体型は某競泳選手を参考に設定しましてん。

uc5-12.jpg
「やっとバカの持論展開終わったわー。 つーか寮内のダイニングで熱弁奮って誰が聞いてくれるんだっつーのww」
お前が聞いとるやんけ、とかいうツッコミは禁止っすかね。

uc5-13.jpg
「チハタン、オレお前のありがたーいお話ご清聴し(てやっ)たんだからオレの皿も片して♥」
「お前全然聞いてなかったろ。草食ってただけじゃねーか」
この二人はとても仲良しです(節穴)


リーラさんご登校。
uc5-14.jpg
この日はですね、何つーのアレ? 合同授業? 教室の中が見れるアレでした。


んで、美術専攻組の心温まらない受講風景。
uc5-15.jpg
最前列で居眠りとは度胸がありますな! 講師の覚え最悪でっせ!
それにしても居眠りぶっこいてるメンツが予想通りすぎてちょっと笑いました。期待通りですよ!
こいつらの不真面目さに対して泣いたりしてない。

真面目にお勉強する人とまったくその気がない人。
uc5-16.jpg
後ろのおっさん二人が気になります。

uc5-17.jpg
緑のおっさん、ないすヒゲ。若干ヒゲ好き傾向のあるプレイヤーにはたまらんですなww

uc5-18.jpg
「たった今講義始まったってのに、何ですでに熟睡してんの・・・」
二人とも、講義始まった瞬間にカクッと寝ましたからねー。なんなのコイツらのび太なの?(´ε`;)

uc5-19.jpg
「チハタンは起きる気配もその気もないねー・・・。何しに来てんだこいつらはよー」
本当何しに来てるんでしょうね。やる気なさすぎです。

uc5-20-1.jpg
「ああ、朝か・・・」
「寝ぼけるのはいいけど、おもいっきり昼よ」

uc5-21.jpg
「寝足りん。 ・・・帰って寝るか」
「あと十分くらいで講義終わるんだから黙って座ってなさいよ」
「眠い」

リーラさん、おもむろに挙手。
uc5-22.jpg
「せんせー、隣のヒトがまったく講義受けてないでーす」
「・・・」
告げ口でもすんの?ってなタイミングだったもんで、つい。

この人。
uc5-23.jpg
結局最後まで起きませんでした。
後ろのマダムがイイ表情しとるww


帰寮後。
uc5-24.jpg
講義時にすでに体力ゲージが赤に突入してたっぽいイリヤさん、仮眠中。
しかし、この子もベッドちゃんと使わない子ですね。着替えまでしてうたた寝か。

こちらはまだまだ体力余ってるぽい女子ーズ。ゲーム中。
uc5-25.jpg
リーラさんまた子供欲しい的なフキダシ出してますね。旦那に頼めや。 ああ、頼んだところでサラッと躱されるのか。
「あー、子供!子供が欲しいっ!! 次は息子がいいわ!!」
「リーラさん、なんですかやぶからぼーに」

uc5-26.jpg
「やっぱり愛する旦那様の子供をたくさん産んでこそのオンナの幸せだと思うの!
 具体的には、兄弟でラグビーの試合が出来るくらい産みたいのよ!」
「ラグビーの試合って・・・。 一体産む気なんですか・・・?」
1チーム15人×2で最少30人必要ですね(ニッコリ)

uc5-27.jpg
「私は旦那様をこよなく愛してるけど、その旦那様は時々ふらついちゃうから。
 しっかり繋ぎ止めるためにも、子供はたくさんいたほうがいいかしらって。 ・・・ねぇ、レイ?」
「・・・・・・」
あてこすり攻撃、絶賛スルー検定中。

uc5-28.jpg
「あれ? もしかしてリーラさん家ってなんか面白い状況だったりします?」
「そんなことないわ。 みんな仲良く暮らしてるわよ、ねぇレイ?」
「・・・・・・」
女子二人が明らかに話かけまくってるのにも関わらず、まったく反応しないレイさんのスルースキルぱねぇ。

uc5-29.jpg
「えーっと、もしかしてリーラさんの旦那さんって熊系のおじさんだったり・・・?」
「違うわよ。ねぇレイ?」
「・・・・・・」
スルースキルっていうよりも、シカトっていう表現の方がしっくりくる無視っぷりです。

uc5-30.jpg
「なんかよく状況が掴めないですけど、リーラさん家が昼ドラチックにドロドロしてるっぽいのだけは分かりました。
 ・・・あとその原因が誰なのかっていうのも」
「そう? 負けられないのよ。ねぇレイ?」
「・・・・・・」
女子二人にめっちゃ見られてますけど、ついぞ彼が反応することはありませんでした。 本に集中しすぎやろ。


んで、なんか一念発起したらしいセリエさんダイエット開始。
uc5-31.jpg
「がんばろーっと☆」
ちょっとした内臓系の手術受けたら数キロくらいは簡単に落ちまっせセリエさんww 落ちるの主に筋肉ですけどね!

せこせこ運動。
uc5-32.jpg
「ダイエットってしんどぃ・・・。 ・・・でも、美容体重目指すんだー☆」

腹減ったらしい。
uc5-33.jpg
「もーちょっとでくびれが生まれそう・・・! がんばる!!」

で、ダイエット完了。
uc5-34.jpg
「痩せたー!!」
・・・たった四時間かそこらでダイエット終了するシムっていいですよね(遠い目)

さっそく意中の人にご報告してるっぽい。
uc5-35.jpg
「イリヤさん、とりあえず痩せてみましたっ☆」
「へー」

uc5-36.jpg
「いや、『へー』とかじゃなくって・・・。 どう、ですか?」
「いーんじゃないの、その詐欺師も裸足で逃げ出すような谷間偽造っぷりとか。 何それボディペイント?
 セリエ絵心あるじゃん、美術専攻すりゃよかったのに」
横から見たら絶望的でした。胸囲的な意味で。

uc5-37.jpg
「なんならこの胸育ててくれてもいーですけど☆」
「オレやだよ、そんな不毛な育成ゲー」
でもこの二人、なんかハート出てますね。やったねセリエさん、苦節4日!
「(イリヤは貧乳好きか・・・)」
「ちょっとそこ、なんか余計な事考えてね?」
「気のせいだ」
どちらかといえば、巨乳系女子にホイホイされることが多い自作♂シムのなかで
珍しく“ヒンヌーはステータス”を理解できる奴なのかなと思いましたイリヤさんww

uc5-38.jpg
「だいたいな、巨乳がイイとかエロ男子中学生かっつーの」
「(やっぱり貧乳好きなんじゃないか)」
「イリヤさん、今度、痩せたご褒美にデートしてくださいねっ☆」
どうでもいいけど、会話中くらい相手を見るべきだと思うのね。なんでニートガン見してんのこの人。


・・・と、いうわけで。次回、覚えてたらデート行ってもらうように1カップルと1カップル未満を唆そうと思います。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。